Diary

日常のことなどを、不定期に。

申し込みました

2018.10.14

★こちらの日記は告知用にしばらく最上段に残しておきます。

 

2019年1月13日(日)開催(会場:インテックス大阪)『COMIC CITY 大阪 118』へのサークル参加申し込みをいたしました。無事にスペースがいただければ初のイベントサークル参加となります。

 

も、申し込んじゃったよ……。まだ何の準備もできてないのに。

いやさ、何やらスペース満了が近いような噂を聞いたもんだからさ。まさか初参加が同性カプものになるとは思いもよらず。

このイベントで色々勉強して、いずれはFF4カイポロとか男女ものでも何か出したいですねぇ。まだスペースもらえるかわからんけど。(すでに満了してたらあんたは抽選やでって言うてくれるよな?言うてくれへんの?)

 

というわけで、飛虎聞で出ます!!(落ちなければ)

頒布物は当サイトとpixivですでに公開済みの飛虎聞『月は見えじ』『花は咲う』『雪は降り敷く』『晨風』に、書き下ろし短篇『夜深き鳥』の計5篇を収録した小説同人誌となります。挿絵はありません。書き下ろしは18000字程度です。これがなんとか完成したので、じゃあ、本作ってみようかな、と。組版さえ頑張れば本出せちゃうな、と。えへへ。

無配とかノベルティとかはまだ全然考えてません。

以下概要。

 

ジャンル:藤崎竜版封神演義二次創作小説

サークル名:鵲の橋

ペンネーム:本田薫子

タイトル:『雪月花─或いは花鳥風月─』

カップリング:黄飛虎×聞仲(R-18)

 

ちなみにサークル名の由来はサイト名『Milchstraße』が「天の川」の意味なのでそこからの連想です。天の川→七夕→織姫彦星→かささぎの橋。最初は『鵲橋』にしようかと思ったのですが、大阪府枚方市に同名の橋があるためやめました。とりあえず申し込み用に大慌てでサークルカットも描いたので貼っておきます。

同性CP大丈夫な方はぜひスペースまでお越しください。……落ちなければ(しつこいわ)

お値段の話

2018.10.23

1月インテで頒布予定の飛虎聞小説、なんとか組み上がりました。

文庫判222ページ(本文)で着地です。

ほとんど再録やし楽やろとかちょっと思ってたんですが(そら書くほうでの労力はさほどかかってないけども)、いつかも書いたように紙ならではのアドバンテージを設けるために文字組みなんかでウンウン悩むことになりました。ただ組版ソフト(InDesignを使っています)に流し込んだだけやと変な詰まり方したり改行次第でものっそ読みづらなったりするんですよね。なので、段落ごとに追い込みや追い出しの設定を見直したりしていたらかなり時間かかっちゃった。(それでも当然プロの仕事からは程遠い)

書体は迷った挙句、今回は「凸版文久明朝」にしました。今風でクセがなくて圧倒的に読みやすいのは「游明朝」なんやけど、なんかこう、うちの文体やともうちっと古風なんがええかな、とか思ったもんで。少しウエイトのある書体なんでシュッというよりはノシッとした印象になるかと思います。

ページ数がそこそこあるためノド側のアキも少し調整しました。当初左右13.5ミリの均等アキの予定だったんですが、ノド側15ミリ、小口側12ミリに変更。多分、読みづらいということはないと思います。

 

というわけで、それなりに頑張って作った同人誌。ここでタイトルの話になるわけですが、そう、一体ナンボにしたらええのん?

あれこれ相場なんか調べたり印刷代から計算してみたりして一応の頒布価格は決めました。利益を出すつもりはまったくないので(ただでさえ二次創作やしね)、完売したとしてもほぼ印刷代とトントンです。無配やノベルティ、交通費その他諸々含めると当然赤字になります。

まぁ、お祭りだからね。楽しむのが大事。赤字が出るのはいいけれど、できれば次回も……なんて考えられる程度の額に抑えたいところです。

一応頒布価格が上がらないようコスト削減の努力はしていて、例えば本文の紙は選択できる中で一番薄いものにしました。淡クリームキンマリ70K。文庫判だと90Kは多分厚すぎるんではないかな?それから、表紙を中国っぽい色合いにしたくてタイトルを囲むフチに金の箔押し……とかも考えたんですが、やめました。通常のCMYK印刷です。

 

ノベルティはあぶらとり紙にしようかと思っています。最初、金属製のブックチャームにめっちゃ惹かれたんですが、ノベルティにするには単価が高すぎて断念。

無配冊子を作るぞ!と意気込んでこの間中綴じステープラー買ってきました。……が、時間切れになる可能性もあり。

 

なんだかんだ言いながら、本作り楽しんでます!

進捗〜

2018.10.21

飛虎聞本、中身ほとんど再録のくせに読むたび修正点が出てきて終わりが見えません……泣 キリがないのでこれを最終稿とします!単一ページで出力したもので最終チェックし、入稿しちゃおう。すごく環境に優しくないことしてるけど、やっぱり校正は紙じゃないとしんどい。誤字脱字等は許してもらおう!市販の本にだって誤植はあるもん!(開き直り)

あと、「加筆はありません」って言ったものの、『雪は降り敷く』でどうしても一箇所だけ章番号の入る位置に納得がいかなくて直前の文章を少し足しています。

 

会社の人への年賀状はもう出さないと決めたので(毎年100枚近くもバカみたいだったな)、そちらにかかる労力とお金をすべてイベントに費やすぞ!人生は楽しまなきゃね!

ただの愚痴

2018.10.20

すみません、先に謝っておきます。タイトルにもある通り、今日の日記はホンマただの愚痴なんで創作系の情報以外はいらねぇよという方はスルーしてください。ちょっと捌け口がないもんで、すみません。

 

では失礼して。

 

インテ終わったら就活するぞおおぉーー!!

やってられっかこんな会社ーー!!

 

……ふう。

というわけで(いや、何も説明してないけど)、今の会社にほとほと嫌気がさしたのです。上司のキ●タマ蹴り潰して辞めてやりたい衝動をなんとか堪えて帰宅しました。エライぞ私。

今は我慢だ我慢。だって大事なイベントがあるんだもの。まずはインテに全力投球。アホ上司のキ●タマごときと天秤にかけていいものじゃないわ。

……よし、大丈夫だ。

 

普段仕事の愚痴なんて滅多にこぼさないんですが(最初の職場が酷すぎたせいでな)、まぁ、今の心境は正直怒りよりも呆れや失望のほうが大きくて、この会社にいてももう自分の血肉になることはないなと、義理は果たしたな、という、そんな感じ。

件のアホ上司についても、この人が悪人というよりは、会社の悪しき慣習に染まった愚人というだけなので、せいぜい役員にへいこらしてそのちっせえキ●タマを大事にしなはれと思います。

あ、キ●タマじゃなくて肝っ玉か。いや、首っ玉?日本語って難しいなぁ(棒)

 

これはもはや笑い話なんやけど、今うちが会社で使ってるMacがご老体すぎて瀕死なんですわ。んで、買い替えの稟議を何度もあげてるんですわ。まぁ、まったく話の通じんこと!明日にでも突然うんともすんとも言わなくなるかもしれないMacをだましだまし使いながら激務をこなしている人間がここにいるわけですよ。そしてそんな人間を尻目に……

 

「会社の野球部が発足しました!ユニフォームも作ったよ☆」

 

うおおおおい!!!!!!

なんじゃそらーー!!!!

野球部!?ユニフォーム!?そんな金あったらPCの一台くらい……一台くらい……(白目)

 

まぁ、他にも待遇面での不満やら上司のモラハラやら腹に据えかねていることはいくつもあるけど、なんかもう、どっと疲れたわ。

PC買ってくれってのは、つまりこの会社で私はまだ頑張れるぞ、バリューを出せるぞっていう意思表示でもあるわけじゃん。それを足蹴にされ続けるということは、この会社で私の生み出すものにはなんの価値もないと言われているのと同じなんよな。で、そうまで言われてなおこの会社で働きたいか?と自問したらば自答は明白なわけですよ。

もっとまともなお給料がもらえて、もっと自分の能力を発揮できるところへ行けばいい。よし、行こう。てめえらは野球でもやってろすっとこどっこい。

 

詳しくは書けないけれども、今の会社、数年前に某大手企業の傘下に入ってから仕事が本当につまらなくなっちゃって。いい機会なので真剣に進路を考えます。私はものづくりがしたいんだ!!野球じゃなくて!!

 

なので、年明けからは今にも増してサイトの更新頻度が落ちそうです。とにもかくにも就活で使用するポートフォリオ(作品集)を用意しなければ。web版と紙版両方いるよな多分。

しかしこの業界、ブラックでないとこなんてあるのか??う~ん、求人サイトとにらめっこだ!

職種的にはね、人手不足なのよ。とにかく若い人はすぐ辞めちゃう。そんだけ過酷ってことなんだろうけど。

 

あー!でもそれでいくと5月の万来行けないんじゃ……!

サークル参加は諦めるとして、せめてお買い物とおしゃべりくらいには行きたいよ~!

いっそ会社潰れてくれたら……おっとっと。

いつだったかの日記にも書いたけど、うちにはオーベルシュタインみたいな上司のほうが合う気がする。間違っても野球部作るなんて言わないだろうし笑

変に馴れ合いとかいらないんだよなぁ。忘年会?誰が行くかよ。けっ。

 

よし、しっかり次の職場決めてから辞めるぞ!

ここまでお付き合いくださった方、ありがとうございます!しょーもない話してごめんなさい!

準備中

2018.10.19

1月のインテ、申し込んだからには本を作らねばなりません。

というわけで、新刊(ていうか処女作?なにそれ恥ずかしいっ)のカバーデザインです。イラストは有償素材のライセンスを購入して使用しております。色合いをな、ちょっと中華っぽくしてみたかったんや。

R-18マーク入れるの(デザイン的に)すっごい嫌やねんけど、ルールやからしゃーないわな。所詮同人誌やからな。

調子こいてカササギのロゴまで作ってもうたわ笑 なんかこう、それっぽくしたくて!(それっぽく)

結局、欲望に忠実にいこうと決めて、文庫判にしました。本文222ページ(ゾロ目やん)、背幅約12ミリなのでなんかいっちょまえな感じに見えるかも。中身はおっさんと爺さんのエロ本やけどな。

本文は現在二校目です。エロシーンが下手すぎて読み返すのつらい……。

本にするにあたり加筆はありませんが、いくつか修正はしてあります。例えば『月は見えじ』と『花は咲う』の地の文で「飛虎」となっている箇所を一部例外を除いて「黄飛虎」に改めたり、表記揺れを直したりといったことです。表記揺れに関しても一部わざと揺らしている箇所もあるのでそこらへんはもう、ふわっと読んでくださればと。許してやったらどうや?(茂造)と。

そのほか章題(章番号)の表記、ルビの追加、あまりにも区切りの悪いところで改頁されてしまう箇所は改行や読点で適宜調整を加えるなど「本として読みやすい」ものになるよう頑張っています。あともう一度くらい読んでみてから入稿する予定です。なんとか早割利用でコスト削減!!

一応ノベルティを何にするかは決まりました。それにプリントしてもらう絵を描かねば!無配まで手が回るかどうか……。(仕事休みたい)

ところで書き下ろしの話に聞仲様がヤキモチやいて飛虎に雷ぶっ放すシーンがあるんやけど、「ラムちゃんかな?かわええな」とか思ったので私はもうダメです。おやすみなさい。

完成〜!

2018.10.08

『エゴノキの花』ちさ様のDQ11グレマル小説『花香る』の挿絵が完成しました!

締め切りがないのをいいことにあれこれ思案していたらむちゃくちゃ遅くなってしまい、ちさ様には大変ご迷惑をおかけしました。ファーリス王子ばりに土下座しまくっております。

本文あっての挿絵であることは重々承知しておるのですが、せめて本文の引き立て役になれるくらいのものは描かないと!と力んでしまいました。そのくらい、素敵なお話なんです!

本日イラストデータをちさ様に納品しましたので、じきにご本ができあがりますぞ〜!ご本についてのお問い合わせは、お手数ですがちさ様までお願いいたします。(当サイトのリンクページからもジャンプできます)

ついでに拙宅のIllustrationページに絵だけアップしましたのでよろしければ見てやってください。

 

前回カイポロ本でご一緒させていただいたときはオンデマンド印刷の実力が把握できておらずかなり線を間引いたりグレーの階調を少なくしたりして様子を見た記憶があります。

オンデマンドながら質の高い印刷をしてくださる印刷会社さんだということがわかったので、今回は結構冒険してみました。どうか綺麗に出ますように!

 

改めて、ちさ様にはこの素晴らしい物語に挿絵を描かせてくださった幸せとお礼を厚く厚く申し上げます。

お知らせ

2018.10.01

企画参加のお知らせです。

このたび、2019年2月24日(日)春コミ頒布予定の『武成王黄飛虎セクシーフォトカレンダー2019』にイラストを描かせていただくことになりました。(本田薫子名義)

以下、主催『音速はつかねずみ』としぞー様による本企画の主旨を引用させていただきます。

「封神演義ファン有志による同人カレンダー『黄飛虎セクシーフォトカレンダー2019』を制作する企画です。日夜激務に励む聞太師様のご様子を心配された妲己様と趙公明様の命により、聞太師様を励ます献上品として制作されたカレンダー。溢れんばかりの男の色香と爛熟した肉体を惜しげも無く晒した飛虎(の写真カレンダー)を目の前にしたとき、果たして聞太師は元気を取り戻すのか!?

※この企画はファン個人によるものであり、原作者様、出版者様、関連企業様とは一切関係ございません。」

 

というわけで、カレンダーのイラスト自体にCP要素はありません(そして全年齢対象です)が、「聞太師への献上品」等の文言から諸々お察しいただいた上で、すべて許容できる方のみお求めください。(書き手さんには飛虎聞の方も聞飛の方も、両方OKな方もいらっしゃいます)

詳しい情報はこちらから→http://sexyhiko.php.xdomain.jp

リンクは張りませんのでお手数ですがコピペでお願いします。

また、今月7日のCOMIC CITY SPARK 13で告知フライヤーが配布されますのでご興味ある方はぜひお立ち寄りください。(イベントのマナー等には充分ご配慮ください。なお、当日かをるこは参加しておりません)

 

ちなみにカレンダーは2019年4月始まり、2020年3月までの仕様で年度予定の管理にもってこいですぞ。

月毎にテーマが決まっていて、私は『10月、寝台に横たわる飛虎』を担当します。縦型の画面に「横たわる」をどう表現するか思案のしどころですね。抱き枕カバー的な何かとか朝チュン的な何かとかがふと浮かんだけど、全年齢やったな。失敬した。おそらく自分に求められているのは飛虎のマッスルボディ描写なので(笑)、彼の体がよく見えてなおかつ年齢制限に引っかからない構図を考えたいと思います。

 

企画が立ち上がった当初から気にはなっていたのですが、参加メンバーのそうそうたる顔ぶれ(すごい方だらけで今もビビってます)や、Twitterアカウントを所持していない(ので、はぐれ者感があるのと連絡が取りづらいであろう)ことから手を挙げるのを躊躇っておりました。今回、敬愛する飛虎聞描きさんからの後押しもありご縁をいただけたことに感謝いたします。

 

が、ががが頑張るぞーー!!(及び腰)

PAGE TOP

Since 2016 Kaworuko